PROFILE

タレントプロフィール一覧に戻る
泉忠司

泉忠司|Izumi Tadashi(業務提携)

生年月日 1972年1月14日
血液型 B型
出身地 香川県
オフィシャル http://www.izumi-tadashi.net/

経歴

1972年、香川県高松市に生まれる。
偏差値30から半年で全国模試1位に。ケンブリッジ大学留学、早稲田大学British Studies研究所客員研究員、横浜市立大学講師を経て、現在は青山学院大学、日本大学、国士舘大学の講師を勤める。専門はイギリス文学・文化全般。独自の教育理論と歩んできた実人生から、「本物のドラゴン桜先生」と呼ばれ、コミック『ドラゴン桜』12巻(講談社)でも紹介される。

『歌って覚える英文法完全制覇』をはじめとする「泉忠司の完全制覇シリーズ」(青春出版社・30万部突破)、『あそぼう☆おどろうラスカル ENGLISH』(青春出版社)、『泉式文科系必修論文作成術』、『SONGlish! 宇多田ヒカル SONG version』(ともに夏目書房)、『歌って身につくソングリッシュ B'z編』(ゴマブックス)、『英単語4000受験英語からのTOEFL TEST』(Z会)など著書多数。

『クロスロード~あの日の約束~』、『クロスロード2~あの日の選択~』、『クロスロード3~そして未来~』(泉忠司&晴香葉子・ゴマブックス)はシリーズ60万部を超えるベストセラーに。「アミューズ30周年全国オーディション」グランプリ受賞者への副賞でもある、受賞者(清水くるみ)を主演にイメージした小説『THE☆オーディション』(徳間書店)、『クロスオーバー~愛すればこそ~』(泉忠司&晴香葉子・徳間書店)、『心理カウンセラー晴香葉子の解決事件簿』(泉忠司&晴香葉子・青春出版社)、『ラブメール~先生と私の秘密~』(泉忠司プロデュース・先生と生徒著・講談社)など、ケータイ小説の著書も多く、すべて書籍化されヒット作となっていることから、「ケータイ小説の第一人者」と呼ばれている。

既存のジャンルにとらわれない斬新な企画を次々とプロデュースすることから「クロスメディア時代の寵児」との異名を持つ。ハッスルエンターテインメント㈱とのコラボレーションによる、映像・ミュージカル・プロレス・書籍などを融合した総合エンターテインメント『ラブ&ハッスル』(泉忠司製作総指揮)は大きな話題に。

『木曽義仲ー横田河原の戦い』主演(三百人劇場)、ミュージカル『赤毛のアン』準主演(東京国際フォーラム)、映画『アディクトの優劣感』本人役特別出演(渋谷Q-AXシネマ)、『ラブ&ハッスル』主演(新宿FACE)をはじめ、俳優としても活躍。

かつては学生プロレスラーとして活躍。シングル・タッグ合わせて5冠王として名を馳せる。2009年、『ラブ&ハッスル』で泉沢光司のリングネームで復帰。
日本アニメーション㈱「あらいぐまラスカル30周年事務局」名誉広報部長でもある。

他にも、脚本家、演出家、作詞家、歌手、ジュエリーデザイナーなど、ボーダレスに活躍。
ページトップ�